ゲーム依存症の子供に共通点や特徴はある?家庭でできる事とは

スポンサーリンク

スマホやオンラインアプリゲームが増えて、子供たちのゲーム依存が増えていて

ゲームの中でも最も依存性が高いものは、『オンラインゲーム』です。

WHO(世界保健機関)は、2019年5月にゲーム障害を新たな疾病と認定しました。

ゲーム障害の健康や社会生活などへの影響は大きく、遅刻や成績の低下、昼夜逆転、親への暴言など悩ましいものばかりですよね。

お母さん

実は、我が家の次男もゲーム依存症に陥りました。

 

スポンサーリンク

ゲーム依存症に多い子供の特徴とは

ゲームに依存してしまうことが多い子供の性格や特徴に共通点がいくつかありますので見ていきましょう。

対人コミュニケーションが苦手

学校などで人付き合いがうまくいかない先生や友達と何かトラブルを抱えている場合や経験がある場合など…現実逃避ができるゲームにのめり込む傾向が。

お母さん

『今日遊べる?』と誘っても断られたトラウマからお誘いできなくなってしまった次男。そんなお子さんも多いんでは?

ゲーム、勝負ごとが好き

戦うゲームが好きで、勝つことに一生懸命になるタイプ。負けず嫌いで、自分が勝つまでやめられない。

お母さん

次男の場合も完全にこれで、どっちが先に!…的なやつが大好き。
負けると大泣き、激オコです。

親もネット依存気味

両親や家族の影響で、乳幼児からスマホに接触していたり、日々子供の前で大人がスマホを使用していたりする環境の中で生活をしていると、ゲームをする(画面を見続ける)ことに抵抗がなく、大人も子供の使用時間などについて気にすることがない。

いや…これは…必要なんです!と言いたいところですが、8割SNS見てます…すいません

子供が一人の自由な時間が多い

共働きが増えたことで、子供が放課後一人で時間を過ごすことが多くなり、『一人でいたらつまらないだろう』とゲーム機を与えてしまい、多くの時間をゲームに費やしてしまうことに…

ゲーム以外の遊び方がわからないという子供も。

子供のゲーム依存症、親ができる事とは…

積極的に話をする

ゲーム以外の話であればその方がいいと思いますが、『会話をする』ということ自体が大事だと思うので、楽しくゲームの話ができるのであればしてもいいかな。と思います。

  • 普段の生活での話
  • 学校のことや友達のこと
  • 天気や季節を感じられる話
  • 好きな食べ物の話

起床・睡眠、食事の時間は決める

ゲーム依存症の病気レベルに『やるべきことがあってもゲームを優先する』という項目があります。

食事の時間や睡眠を削ってまでゲームをしていると、生活や健康に支障が出るのは目に見えています。

睡眠時間や食事の時間は、生きるために最も必要な事です。

お母さん

親としてここだけは譲れない。『あなたを心配している』としっかり話して守ってもらいました。

運動をする

外で運動をしないでいると、体力も有り余ってしまって、またゲームに時間を費やしてしまう悪循環。

短時間でも外で運動をするだけでも大事。

負けず嫌いで勝負ごとが好きな子供も多いので、何かの競争をしてもいい運動になりますよ!

外出する予定がなくても身だしなみを整える

外出をする予定がなくても、歯磨きや洗顔、着替えはきちんとする。

着替えてみたら、出かけたい気分になるかもしれません。自然とゲームができる環境から遠ざけることが大切。

一人暇な時間を作らない

ゲームをやる理由に『ゲーム以外にやることがない』という理由が挙げられます

宿題も終わったし、友達とも遊べないし…ゲームやるか!となってしまわないように、何かやることを作ってあげるのも策ですね。

学習の時間を増やして、ゲーム時間を短くしてみましょう。

オンライン家庭教師

 

親が自宅にいなくとも受講ができるオンライン家庭教師『』

塾や習い事で懸念される送り迎えがない事もポイントの一つ。

通信教材

家庭教師や塾と違って、かなり費用は抑えられる通信教育。

学力も上がるし、タブレットでの受講もできるので、ゲーム感覚で学習ができます。

我が家は長男、次男ともにZ会を受講しています。

5教科月々約7000円なのでお財布にも優しい。

資料請求で、無料の学年別の教材がこれまた良くて。
ドリル欲しさに資料請求しても大丈夫ですよ♪
Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!

ゲームプログラミング教室

パソコンを使ったプログラミングは、ゲーム好きならハマること間違いなし。

将来に役立つプログラミングを考えてはいかかがでしょうか?

小中学生専門のオンランプログラミングスクール【アンズテック】

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました